カタカムナ

カタカムナ ウタ 第8首(補足説明)

第8首は、トキ(現象が発生するところ)には、オカシ(それの六方環境にカが示される)と歌っています。

このウタは第9首のソコ(ソに広がり)ソギ(ソに発生する)といった、自然則にも関連します。

試しに、感受性の優れた人(受け)に立って戴き、その前に私(取り)が立ちました。そして、サルタヒコ(マノスヘの姿勢の、真ん中出し)の状態になった途端に、受けは、面白い体の動き(反応)をして崩れました。

取りのトキ(重合発生)が盛んになったので、周囲にオカシ(カが示されて)、それを受けが感受したからです。
受けは感受した心地よさで崩れるのです。この感心地よさを、昔の人は「イトオカシ」といったのでしょう。

よろしい、趣がある、奥ゆかしい、興味がある、おどろくべき、可笑しさ、面白さ、美味しさ等が混ざったような、言うに言われぬ心地でしょうか。イトとは、イカツ(電子)の正反がト(重合)する意味もあります。

生物はイカツが自由に発生して体を駆け巡り、また重合する働きによって生きていられます。イトが頭につくオカシサは、電気力、生命力の大きさがあってこそ生じる奥ゆかしさですから、まことに趣のある言葉です。

受ける方の感受性が優れているから、含まれるイト(意図)も受け取れるのですが、取りの方もカ(潜象過渡の様々な粒子)が豊富で、アメノウツメの濃い(カサが多い)状態という両者の対向によって、トキ オカシがなるのでしょう。

サルタヒコとは、バランスのとれた状態です。そこで、無心(頭を使わない)になったときに、このような力が生まれました。

私達は、このようにして理解しましたが、上古の日本人にとっては、このようなことは当然であって、更にはもっと不思議で面白いことを経験していたことでしょう。

現象と潜象の二重構造、タカマノハラ(現象)にカムツマリマス(潜象が重なっている)ので、人生の面白さが深まるのです。

何故、様々な箇所で現象が生じるのか

光に波動性と粒子性があるように、私達もヒフミヨイムナヤコトと循環の際に、波動性と粒子性が超高速で繰り返さています。これをイザナギ(粒子性)、イザナミ(波動性)といいますが、ソコ(拡散)とソキ(収縮)と言っても良いでしょう。

このような働きで、ソコ(必要な箇所)にソキ(それが発生する)のです。
詳しくは、第9首のソコタチ(拡散性)、ソギタチ(凝縮性)をご覧下さい。