カタカムナ

カタカムナ ウタ 第8首

ウマシ タカカム アシカヒヒコ トコロ チマタ ノ トキ オカシ
カタカムナ ウタ 第8首を詠んでみました。お好みの音量でお聴き下さい。

【訳】

○ウマシ タカカム

ウマシ(生まれる示し)

カム(潜象)からマ(現象)がウマレ(発生する)こと。

タカカム タカ(現象に出た)カム(カ)

アマ(あらゆる現象)は、タカカム(タしたカム、つまりカハ、アワ)からアシカヒヒコ(様々に変遷して)発現します。

すべてのトキトコロ(その時のその場所)は、やがてアマに還元する循環系です。これをマワリテメクルムナヤコトと言います。

○アシカヒヒコ

アシ(タテに伸び)カヒ(横に広がって)ゆく。

ヒコ(ヒが繰り返される。フトマニのこと)。アウノスヘとも同じ意味です。

○トコロ チマタノ

ト(重合)がコ(繰り返される)とロ(コロ、粒子状)になる。

そのコロの発生の場がトコロ(場所)。

トコロはモノの存在する場所を言いますが、存在するもの自体もトコロと言います。

チ(多くの、様々の)マ(間)がタ(独立して発生)して、ノ(変遷)していきます。

○トキ オカシ

発生のトコロ(場所)が出来ると、オカシ(六方環境にカが示され)ます。